おすすめの書籍

凪のお暇 ネタバレ2巻 感想9話&10話

コナリミサトさんの漫画、「凪のお暇」の2巻ネタバレ&感想の続きです!
凪のお暇1巻ネタバレ&感想
凪のお暇2巻の7話&8話のネタバレ&感想もどうぞ♪
では、続きまして2巻9話のネタバレ&感想です↓↓

2巻9話ネタバレ&感想 うららちゃんママかっこよすぎ

8話ではうららちゃんの本心が垣間見え、
幼少期の自分と重なって見えた凪との距離が縮まりました。

そんなうららちゃんのお母さんはというと・・・

凪の家に遊びに来ていたうららちゃんを
迎えに来たお母さんはとっても謙虚な人。
亡くなった旦那さんの会社で仕事をしているが、
金銭的にも余裕がなく、うららちゃんにみじめな思いをさせている・・・
と自身の不甲斐なさを嘆いていました。

そんなうららちゃんのお母さんを取り巻くママ友は、
よくいそうな嫌味な感じのママばかり。
うららちゃんのお母さんが仕事を抜け出し、
作業着のままでママ友のランチ会に参加すると、

「うちの子がうららちゃんのマネして階段の高いところから飛んだら、
ヒザ擦りむいちゃって〜。うららちゃんみたいに運動神経良くないんだから
マネしちゃダメよって言っているの」

とか、

「うららちゃんママ綺麗だからお洒落しないともったいないよねー。
綺麗なママの方がうららちゃんもきっと喜ぶわよ」

っていう何かオブラートには包んでるけど、
じんわりと言葉責めしてくるママたち。
こんなママ友にもうららちゃんママは謙虚に対応するのでした。

そして、うららちゃんママが仕事に戻ると本人のいないところで言いたい放題。
「お給料もたかが知れてそう」、
「現場仕事なんてガラが悪い人たちと仕事なんでしょ」、
「男の人を味方につけるの上手よね。男に頼ってしか生きられない人って嫌よね」
と何かしら嫌味を言い、「うららちゃんがかわいそう」と、
自分たちの悪口大会は子供を守る意見だと正当化するのでした。

うららちゃんの本心

凪とうららちゃんが買い物帰りに一緒に歩いていると、
例のママ友たちに遭遇し、凪が隣人だと知ると、
「うららちゃん虐待とかされてない?」とコソッと凪に聞くのでした。

正論のような口ぶりで話すが、本当に下世話な人たち。
子供のためとか言いながら、人を見下すのが楽しくて仕方ないんだろうな。

凪がそんな下世話な話を聞かされていると、
うららちゃんママの仕事場を通りかかった。

「どうせ雑用しかしてないんでしょ」と嫌味を言っていたママ友たちはびっくり。

そこは新たにできるファッションビルの建設現場。
そこでうららちゃんママはクレーン車を巧みに操り、
職場では職長と呼ばれ、多くの男性に指示を出すリーダーだったのです。

謙虚な姿からは想像がつかない生き生きとした姿で働いており、
「超かっこいいーーー」と凪が感じていると、
他のママ友も口をあんぐり。呆然としていました。

「うちのお母さん超かっこいいでしょ。だから全然平気なの」
と笑顔でそう言ううららちゃんなのでした。

2巻9話はこんな感じでした。

いや〜、なんか最後スカッとしますね。
うららちゃんママの謙虚さがあったからなおさら、
文句も言わずに生き生きと働く姿に、ママ友たちも何も言い返せなくなっていました。

「男に頼ってしか生きられない人って嫌よね」とか言いながら、
自分達はおしゃれできれいな服を身にまとって、昼間から優雅にランチ会。
うららちゃんママからしたら「こっちのセリフ」って思ったでしょうね。

うん、私なら絶対思う!(笑)
というかあんなに嫌味言われて謙虚でい続けられない・・・(汗)

結婚生活がもうすぐ始まる私ですが、
これから子供ができ、ママ友ができてもこんな人間にはなるまいと思いました。

うららちゃんのお家事情を知り、
より一層うららちゃん一家が好きになった凪。
2巻10話に続きます↓↓

今なら1巻無料試し読みできますよ♪
==>試し読みはこちら

2巻10話ネタバレ&感想 凪のすれ違い

凪がお散歩しているとバッタリとゴンさんに遭遇。
今からランチというゴンさんに付いていくと、
BBQができる屋外施設だった。

実は凪にはBBQにまつわる嫌な思い出があった。
昔、元カレ慎二に誘われて慎二の友達とするBBQに参加した時のこと。
彼女と紹介されると思って、野菜を切ったり火を起こしたり、
洗い物をしたりと頑張ってみたものの全部空回り。

それを慎二が見ていたせいか、彼女とは紹介されず、
単に職場の子と紹介されるだけだった。

凪は、「あっ、、私慎二のテストに落ちたんだ・・・」
と落ち込みBBQに嫌な思い出ができたのでした。

一方。
元カレ慎二がまたもや凪に会いに、自宅を訪ねていた。
しかし凪はゴンさんとBBQ中。
せっかく手土産まで持ってきたのに無職がどこをほっつき歩いているんだ!
とイライラしていると、凪の真上に住む例のおばあさんが声をかける。

おばあさんが凪はお出かけしたことを伝え、
うちで恋愛映画でも見て待ったらどうだいと慎二に提案。

慎二行きつけのホステスさんに、
女心が分かっていない!と言われたのが気になっていた慎二は、
しばし凪を待つ間、おばあさんと一緒に恋愛映画で女心を勉強することにした。

恋愛映画にギャーギャーいちゃもんをつける慎二に、
おばあさんが「あんた友達にすぐ彼女を紹介するタイプかい?」
と聞かれた慎二は凪を友達に紹介しようとしていたあのBBQのことを思い出していた。

「BBQで彼女を紹介しようと思ったら、メンバーの一人が彼女に振られたことが判明し、
紹介できる空気ではなくなりお蔵入りしたことがあったなぁ」と。

お互いがあのBBQでの出来事を思い出していた頃。
ゴンさんと凪はお腹いっぱいになって芝生に寝転がって雑談をしていた。
すると何を思ったのか、ゴンさんが急に凪を襲おうとした。

「凪ちゃんってやっぱり可愛い」

2巻10話はこんな感じでした。

あ〜、男女間(慎二と凪ね)でこうゆうことよくありますよね。
すれ違いというか何というか。

慎二も凪に、理由があって紹介できなかったって説明すればいいのに、
男の内輪話を女に話すのが恥ずかしいって思っていた。
凪も紹介してくれなかった理由を聞けばいいのに、
答えを聞くのが怖くて聞けなかった。

こういうのは男女間の考え方の違いなのかしらね。
男の人は言ってくれれば説明したのに!って思うことが多いし、
女の人は察してよ!って思うことが多い。

個人的には、彼氏の友達と一緒に遊ぶことになって紹介されなかったら
彼女に誤解を与えるかもしれないなと、もう少し慎二に気配りして欲しかったけどな。

やっぱり慎二はその辺不器用なのかな。
ホステスさんの言う通りやわ。

そして!!ゴンさん!!!
急に襲うって何!?しかも人が大勢いるところで、真っ昼間から。
あんまり掴めない人だなと思っていたけど
やっぱりよく分からない。

今なら1巻無料試し読みできますよ♪
==>試し読みはこちら

さてさてこの3人の三角関係がどうなるかますます気になってきましたね。
2巻11話に続きます↓↓